コラム ハンドボール

オールスターにみるエンターテイメント性

投稿日:

ハンドボールのオールスターゲームがありあました。

これみててもわかるようにあまりディフェンスをしません。

むしろ、普段はやらないスカイプレーやアバウトなジャッジなどお祭り騒ぎです。もちろん相手へのリスペクトを欠かさずにプレーをして見ている人をたのしませています。

これがエンターテイメント性のひとつだと思います。

ぼくはオートレースの選手をしています。

正直オートレースにエンターテイメント性という言葉は似つかわしくありません。むしろレースが終わったら「はい、おしまい」といった具合が多いのではないでしょうか?

公営競技と言う立場から、ガッツポーズもなかなか出ない風土にいます。

もうちょっと優勝したらやっていいのかな。とも思います。

今年のオールスターではありませんが、以前は選手が審判したり、審判が7mスロー投げたりとやりたい放題のオールスターゲームでした。

オートレースはいいところを吸収してエンターテイメント性を高めて行ければいいと思います。

見ているひとがワクワクする。楽しくなる。興奮する。

こんなワードで企画を考えたら面白いはずです。



-コラム, ハンドボール

Copyright© オオツキブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.