コラム

ユニクロの海外進出

投稿日:

ユニクロがスウェーデンのオリンピック選手団のユニホームを手がけるというニュースがありました。

スポーツウエアメーカーでないユニクロが世界一を目指す上での戦略だと記事では書かれていました。では今回この件についてぼくなりの考えを書いておきます。

まず、ユニクロですが、フリースの売り上げ増加と共に日本のファストファッションの代名詞と言える企業です。ファストファッションという枠にとらわれることなく、テニスの錦織選手やジョコビッチ選手と契約をして知名度をさらにあげて行ってます。

昨今のユニクロのどうこうを見る限り

「スポーツ分野でのユニクロ」

というキーワードが見えてくるのではないでしょうか。

ファストファッション、ノームコアというここ数年の流行を考えてもユニクロの次の一手と思えます。

世界で言えばアディダス、ナイキ、プーマといったスポーツウエアメーカーもファッションをうまく取り込んでウエアの境界線がほぼなくなったと行って過言ではないでしょう。

ファッションはスポーツを取り込んで拡大していくと共にスポーツはファッションを取り込んで拡大していくのでしょう。

ユニクロがスウェーデンの選手団のユニホームを手がけるのはスポーツ分野でのウエアの低価格化や、ファンション性の両立を促していくのではないでしょうか?

朝のニュースから記事を書いて見ました。

こんなことも今後はやっていきたいと思います。



-コラム

Copyright© オオツキブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.